2017年8月

糖尿病になった時の食事

糖尿病になった時の食事

(公開: 2017年8月22日 (火))

糖尿病は放置すると症状が進行し、さらに合併症を引き起こす可能性が高くなるため、治療が必要となります。

この病気自体は血糖値が異常に高い状態で、その改善方法の一つが食事療法です。

食べ過ぎを防いだりまとめ食いを防ぐ事によって、上手にインスリンを利用できるようにする事を目的として行います。

通常はインスリンの分泌量に合った量の食事をとる事を目的として行い、出来るだけ膵臓に負担を掛けないようにします。

 

投薬治療もおこなわれ、薬を利用して血糖値のコントロールをする事も行われていますが、適切な食事慮法を行う事によって、その効果を高める事が出来るようになります。

実際にこの方法で対処する場合は、食べ方と食べ方、この2つの観点からアプローチする事になります。

欠食を避け、ゆっくり食べて食べ過ぎを防ぎます。

また糖質を出来るだけ制限市、食物繊維を摂取して血糖値の急激な上昇を抑えます。

肥満も影響を及ぼす為、低カロリーの食事にを選び、炭水化物を減らして野菜をその分摂取する様にしながら腹八分目を心掛けるようにします。

そうする事によってカロリーの過剰摂取を抑え、結果的に膵臓に負担を掛けにくくする事が出来るので、より治療の効果が出やすくなるというメリットがあります。糖尿病を予防するサプリメントこちら


妊婦の便秘は青汁でスッキリ

妊婦の便秘は青汁でスッキリ

(公開: 2017年8月16日 (水))

妊婦になると、お腹が大きくなり、腸が圧迫されがちになってしまうことから便秘になりやすくなってしまうという女性がとても多くいるのです。

 妊婦になることで、体内の水分は羊水を作るために使われたり、赤ちゃんの血液を作るために使われますので、いつもよりも多くの水分が必要になるのです。

 羊水や血液を作るために水分が使われてしまいますので、便秘になってしまうということがよくあるのです。

 妊婦さんは妊娠していない時よりも多く水分を摂取する必要があるのですが、その水分を摂取する時におすすめなのが、青汁なのです。

 青汁には便秘解消効果を高めるための食物繊維が豊富に含まれているということがありますので、腸に溜まっている便を軟らかくし、便通を良くするためにはとてもおすすめとなっているのです。

 青汁は薬ではありませんので、妊娠中でも安心して飲むことができますし、お腹の赤ちゃんにも影響はありませんので、積極的に飲むことをおすすめします。

青汁には妊娠中に必要な鉄分や葉酸などの栄養素もかなり豊富に含まれているのです。

サプリメントで摂取しているという人もいますが、なるべく自然な形で妊娠中に必要な栄養素を摂取したいと考えている人にとっては、青汁はとてもおすすめなのです。

 栄養を摂取するという点ではサプリメントも手軽なのですが、水分をしっかりと摂取し、便通を良くするという事を考えると、青汁をしっかりと飲むことが大切になるのです。妊婦の便秘におすすめの青汁ランキング

 


妊娠の便秘に豆乳とヨーグルトがいい

妊娠の便秘に豆乳とヨーグルトがいい

(公開: 2017年8月 9日 (水))

妊娠すると便秘になってしまうという女性がとても多くいます。

 

妊娠中に便秘になってしまう理由の一つとしては、赤ちゃんが大きくなるに連れて腸が圧迫されてしまい、便通が悪くなってしまうということがあるのです。

 

他には、体の水分が羊水や血液になってしまうため、水分が不足してしまい、便秘になってしまうということもあるのです。

 

妊娠中は運動がなかなかできないということもありますので、運動不足によって引き起こされてしまうということもあるのです。

 

妊娠するとそれまで普通に使っていた薬も、おなかの赤ちゃんに悪影響があるかもしれませんから安易に使うことはできません。

 

女性の多くが悩んでいる便秘は妊娠するとより症状が重くなることもありますが、仮に安全だといわれても便秘薬はあまり使いたくはないでしょう。

 

また、それまでは便秘と無縁だった人でも、妊娠することによってお通じが滞ることも多いようです。薬に頼らず便秘を解消する、予防するにはどういった方法があるのでしょうか。

 

それには腸内環境を整え、腸のぜん動運動を促すことが大切です。

 

 

 

そこでオススメなのが豆乳を飲むということです。豆乳は大豆からできていますので、食物繊維が多く含まれているのです。

 

食物繊維が多く含まれていることによって、便を軟らかくさせる効果がありますので、便秘解消にとても効果があるのです。

 

一日200ml程度飲むことによって、便通が改善されますし、妊娠中に崩れてしまいがちなホルモンバランスを整えるという効果もあるのです。

 

妊娠中、腸の中に便が溜まってしまうことによって腐敗ガスが血液中に混ざってしまうということもあり、お腹の赤ちゃんにも悪影響があるということがありますので、なるべく自然な形で便通を良くするということがとても重要なのです。

 

妊娠していると、薬が飲めないということもありますので、あまりにも便秘が続いてしまうということがあったら健診の際に医師に相談するということも必要になります。

 

豆乳を飲むことで便通を良くし、スッキリとした快適なマタニティライフを送れるようにすることも大切なことなのです。

 

他にお勧めの食品としてヨーグルトがあげられます。

 

ヨーグルトは腸内環境を整える乳酸菌が含まれ、毎日継続して食べることによって腸内の善玉菌を増やしてくれるといいます。

 

お通じが良くなるだけでなく、免疫力もアップし乳製品ですからカルシウムも豊富に含まれ妊婦さんにはぴったりの食品です。

 

つわりがあっても食べやすいですし、便秘気味の人はもちろん予防として食べることを習慣にするとよいでしょう。

食べ方ですが、そのまま食べても良いのですが酸味が気になるなら砂糖ではなくハチミツやオリゴ糖がお勧めです。特にオリゴ糖はヨーグルトと合わせて食べることにより、いっそう乳酸菌の働きが良くなるといわれています。

 

また、鉄分補給も兼ねてドライフルーツを加えて食べるのも良いでしょう。

 

ただ、ドライフルーツの中でプルーンには注意しましょう。

 

プルーンは便秘にも効果的な食品ですが、食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあるのであまり食べ過ぎないほうが無難です。妊婦の便秘でオリゴ糖の効果の秘密を知ってしまったら…